風俗の種類

赤い薔薇と女性

風俗は男性が性的欲求を満たすために利用するもので、現在では数多くの風俗店が存在しています。その中でも代表的なものがソープランドですが、風俗店の中でも刺激的なプレイを行なうと同時に料金設定が高いとされています。ソープランドではお風呂がある個室でソープ嬢と憂いを行ないます。大きく分けて格安店と大衆店、高級店があり、高級店は容姿端麗のソープ嬢が多く、マナーや接客対応など全てにおいて良いとされることから、ほとんどのお客様が満足することができます。格安店では2万ほどから利用することができますが、高級店になると6万や10万円で利用できるものがほとんどになります。その他にはファッションヘルスがあり、こちらではソープランドと違ってお風呂がありませんが、キスやシックスナインなどの基本的なプレイが多くあります。本番は禁止されているので、男性は風俗嬢のフェラや素股などでフィニッシュを迎えます。

ソープランドやファッションヘルスでは個室でプレイを行なっていましたが、風俗の中でもピンクサロンでは大部屋に大人数でプレイを行ないます。1人の男性客に対して最低1人の女の子がついていますが、基本的に部屋が仕切られていないため他の人とのプレイも見えます。ソファーや観葉植物などで隠れることもでき、店内は薄暗くてBGMが大音量で流れているためあまり他の人を気にすることなくプレイに集中することができます。風俗店は他にも性感ヘルスや性感マッサージ、オナクラなどの種類があります。